ANTQUARIUM(アントクアリウム)の観察日記です!


by aki-u21

17日目(20041001)

b0027208_23571621.jpg

 死屍累々、という言葉を、みなさんは最近、日常生活で使ったことがありますか?
 わたしは、今まさに、死屍累々としか言いようのない場面に出くわしております。

 はじめ、兵隊アリ1匹+働きアリ10匹で、快調にスタートしたわたしのアントクアリウム。
 それがいまや、兵隊アリ1匹+働きアリ1匹の、悲しい状況になっております。

 部屋の電気をつけたり消したりするたびに、明るくなったり暗くなったりして、アリさんの体内時計がマヒしたのかもしれません。
 帰宅後にクーラーをつけるので、アリさんが暑かったり寒かったり、ストレスがたまったのかもしれません。
 ときどきガタガタ動かしたのがいけなかったのかもしれません。
 そしてなにより、空気穴をふさいでしまったのが一番いけなかったのかもしれません。

 でもね、アリさんって昆虫でしょ?
 環境の変化とか、ストレスとかには、タフっていうか、しぶといんじゃないの!?

 こんなにも簡単に、全滅の危機に瀕してしまうとは、わたしも反省するやらビックリやらです。

 で、反省したわたしは、とてもとても遅ればせながら、アントクアリウムに空気穴を追加してみました。
 すると!
 新鮮な空気を感じてか、アリさんの動きが活発になったような気がします。
 うーむ、もっと早く、空気穴を開けとけばよかったかなあ。

 ついでに、表面に(ゴマ塩のように)散らばっているアリさんの死体を、ピンセットで除去しました。

 残り2匹になったけど、がんばれる、アリさん?
[PR]
by aki-u21 | 2004-10-03 00:07